金利って?

金利って?

お金を借りたら金利を払うのが原則です。
金利で消費者金融は成り立っているのですから。
とはいえ、どのくらいの金利が発生するのかは気になるところです。
金利には、以下の法則が成り立ちます。

 

闇金>消費者金融>銀行
借り入れ額低>借り入れ額高

 

このような法則が成り立ちます。
金利が一番低いのは、銀行であることは確かです。ただし、審査は決して甘くはありません。
金利は銀行より掛かりますが、審査に通りやすいのは消費者金融です。

 

また、借り入れ額が高ければ金利は低くなりますが、借り入れ額が低ければ金利は高くなります。借り入れ額と金利は反比例すると覚えておくといいでしょう。

例えば、50万円を借りた場合に、銀行ですと金利は12%〜14%が多いのに対して、消費者金融は18%の金利が発生することが多いようです。
(銀行や消費者金融によって差がある)

よく金利4.5%〜17.8%というようになっているのも、借り入れ額が高ければ最低金利くらいで済みますが、借り入れ額が50万円くらいまでは最高金利が掛かると解釈しておいた方がよさそうです。ですから、まとまったお金があれば、少しでも返済する方が最終的に総返済額が少なくて済むことは覚えておきましょう。