返済方法の変更

返済方法の変更

返済方法をあらかじめ決めていても、何か突発的なことが起きて、返済できない月や遅れてしまう月があるかもしれません。
最近は、消費者金融や携帯代金の滞納というものも増えて来ているようです。

  • もし、決まった返済方法で返済できないという場合、そのままにしておくことが無いようにしましょう。
  • 借り入れ先のフリーダイヤルでもいいですし、近くに店舗がある場合はそちらでもいいですから、連絡は入れるようにしましょう。
  • これは、お金を返済するのに期日と最低金額について契約しているから当然のことですし、数日遅れる場合でも連絡は入れましょう。

借りている立場であることは忘れずにいたいものです。

 

「どうせ返すんだからちょっとくらい・・・」このような考えを持つ人は、多重債務に陥りやすくなります。

 

  • もし、3か月もの間返済が滞ってしまうようなことがあれば、延滞として信用情報機関に記録が残ってしまいます。
  • このことは大変不利になりますし、この情報が削除されるまでに最低でも5年間は掛かるという話も聞きます。
  • 借り入れ先には、借り入れ記録として永久に残ります。
  • 何かのローンを組む際に、審査に通らないということになりかねません。
  • 何かのローンを組むという予定はないという人でも将来はどうなるか分かりません。

 

良くない記録は残らないようにしたいものです。